□DNS Queryを送ってくるIPアドレスの数

MyDNS.JPにDNS Queryを送ってくるIPアドレスの数をずっと観測しているのですが、今回まとまったデータをグラフ化しましたので貼っときます。

DNS-IP-Count-20160301-20160630

※DNS Queryを送ってくるIPアドレスの保存日数は180日としています。(保存中は既存としてカウントしない)
※ときどきIPアドレスの保存日数を変更したりして参考になるデータとならないので2016/03以前のデータは載せませんでした。

IPv6でDNS Queryを送ってくるマシン(右軸)の新規カウントカーブは、掃除をしてもコンスタントに増えていることがわかります。すでに世界中で3万5千台近くが何らかの形でDNS Queryをしゃべれるんですね。

対してIPv4(左軸)は六月初旬までほぼ横ばいでしたが、また新規カウントカーブが急激に上昇をはじめました。

あくまでダイナミックDNSであるMyDNS.JPのDNSサーバーで観測しているだけですから何の参考になるかはもっと検討しなければいけないと思いますが、現実問題としてDNS Queryを飛ばせるマシンが世の中にいっぱいある、ってことだけはいえますね。

 

□サーバー構築ハンズオン in 札幌 -セキュアなプロトコルも使ってみよう-

大変ご好評いただいています(!?)サーバー構築ハンズオンですが、OSC北海道
の開催に合わせて、6/17(金)に以下のように開催いたします。

今回は『-セキュアなプロトコルも使ってみよう-』ということで『実習組』枠
のみになります。

内容は、CentOS7の基本設定とApacheによるバーチャルホストの設定をして、
まずはWEBサーバーを立ち上げてもらいます。そののち、HTTPS、SMTPS、POP3S、
IMAP4S、FTPS、といったセキュアなプロトコルを実際に設定してもらいますので
皆さんには以後も積極的に使っていただきたいと思います。

※無料で取得できる独自ドメイン&Let’s Encryptの組み合わせを利用予定です。
『サーバー構築ハンズオン in 札幌 -セキュアなプロトコルも使ってみよう- #055』
【日程】2016/06/17(金) 11:00~17:00(予定)
【場所】札幌コンベンションセンター 106会議室
【申込】http://svrkcho.connpass.com/event/32648/

【条件・必要なもの】
・参加費用は5,000円/人(SquareまたはPaypalによるクレジットカード決済)
・有線LANポートもしくは無線LAN内蔵のノートパソコン
・【初心者向け】ハンズオンをクリアできるレベルの方
なお、領収書発行希望の方は現地でその旨お申し出ください。
詳しくは上記申込サイトをご覧ください。

サーバーの構築を一通り流しで実習してみたい皆さん、どうぞお申し込みを
お待ちしております。(けっこう分量多くてヘビーです)

□OSC2016 HokkaidoにMyDNS.JPも参加します!

6/17-18にOSC Hokkaidoが開催されます。

6月17~18日(土) 札幌コンベンションセンター
http://www.ospn.jp/osc2016-do/

MyDNS.JPはブース展示とミニセミナーを6/18(土)に行う予定です。
(6/17は後述の、サーバー構築ハンズオン in 札幌を開催予定)

内容は、最近のシステム運用上のご報告や、DNSの基本的な知識とかGSLBとか
先日βリリースしたBan4ipについてお話をできればと思っています。

来場予定の方は、会場の関係でセミナーの事前登録をお薦めします。

ちなみにOSC北海道名物(!?)のビール園でのジンギスカン大懇親会にも参加
しますので、gkgkしながらのご質問やご相談も可能な限り受け付けます。

皆さんのご来場をお待ちしております。(^-^)/

====================================================================
<来週6/17-18開催イベント>OSC北海道で大集合!「OSC2016 Hokkaido」
====================================================================

今年のOSC北海道は、いよいよ来週の開催です。
セミナー、展示情報の更新、企画イベントも追加されていますので、
最新の情報をご確認いただき、ぜひOSC北海道にご参加ください。

初日の金曜日は午後からのセミナーのみですが、ネットワークセキュリティ、
Raspberry Pi、仮想化、データベースなど、多様なテーマの講演が1つの会場で
行われます。

2日目の土曜日は10トラックで合計60以上ものセミナーがあります。
タイムテーブルのセミナータイトルをクリックすると概要が確認できます。
参加したいセミナーを忘れないようにチェックしておいてくだい!

http://www.ospn.jp/osc2016-do/

※講師の方が当日参加予定数の参考にしていますので、希望するセミナーに
登録をお願いします
※当日、登録した以外のセミナーに参加しても問題ありません
イベントではお好きなセミナーへの参加、また企業やコミュニティからの
出展ブースの見学も自由です。OSCはOSS初心者から上級者、学生から社会
人までお楽しみいただけるイベントで参加費は無料!
皆様のご参加をお待ちしております。

★イベント参加表明 大歓迎! Twitterハッシュタグ #osc16do ★

──────────────────────────────────

□■□ –【オープンソースカンファレンス2016 Hokkaido】– □■□

★セミナー参加登録受付中!⇒⇒⇒ http://www.ospn.jp/osc2016-do/

◆日時:6月17日(金) 13:00~17:30(セミナーのみ)
6月18日(土) 10:00~18:00(展示は16:00まで)
◆入場:無料
◆会場:札幌コンベンションセンター 【1F:OSC受付】

◆主催:オープンソースカンファレンス実行委員会

◆内容:オープンソース関連の最新情報提供 (展示・セミナー)
◆Twitter:タグ #osc16do OSCアカウント @OSC_official

前回の開催レポート
http://www.ospn.jp/press/20150701osc2015-do-report.html

──────────────────────────────────

2004年から始まり今回で131回目の開催を迎える日本最大級の
オープンソース総合イベント「オープンソースカンファレンス」。

多くの出展者による多彩なセミナーと展示ブースで、最新のOSSや話題の
技術やサービスなどの情報を発信しています。

オープンソース業界最前線で活躍する人たちと気軽に出会えるのも、
OSCならではの魅力!

ここでしか得られない貴重な情報や人脈、ビジネスチャンスを探しに、
ぜひご来場ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆事前登録について

セミナープログラムをご覧いただき、参加希望のセミナーへの事前登録を
お願いします。

★登録はこちらから → http://www.ospn.jp/osc2016-do/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○セミナータイムテーブルはこちら↓
6月17日(金)・・・1日目 (午後開始。セミナーのみ開催)
http://www.ospn.jp/osc2016-do/modules/eventrsv/?id=1&noform=1

6月18日(土)・・・2日目
http://www.ospn.jp/osc2016-do/modules/eventrsv/?id=2&noform=1
○展示ブース一覧・・・2日目のみ
http://www.ospn.jp/osc2016-do/modules/article/article.php?articleid=1

□Freenomで無料ドメインを取得

Freenom
http://www.freenom.com/ja/index.html

先ほどLet’s Encryptで使えるかどうか試してみたところ、問題なかったので改めて勝手に紹介です。

簡単に独自ドメインが利用できるようになりますので、これでセキュアなプロトコルもらくらく!?

STEP1. 取得したいドメインを入力

※実際には無料の場合は、ドメインの名義はFreenomのままで、あくまでそのドメインの利用者になります。

STEP2. 取得したいドメインをカートに入れよう

希望ドメインで空いているTLDのもののみ「今すぐ入手」が押せるようになっていますので、
クリックしてカートに入れましょう。

STEP3. カートに入れたチェックアウト!

自分が使いたいドメインをカートに入れたらチェックアウトです。

STEP4. そのドメインの基本情報を設定

チェックアウトを押したら、そのドメインの有効期限と、DNS情報をどこのDNSに置くか設定します。

STEP5. Freenomにメールアドレスを登録

このメールアドレスで、以後Freenomにログインすることになります。(まだメールは来ないよ)

STEP6. Freenomにユーザー情報を入力

必要事項を「きちんと」「ただしく」入力してください。

STEP7. おわり!!

これでメールが送られてきますので、メールに書いてあるURLにアクセスして最終確認しましょう。

STEP8. ドメインの管理画面

一つのユーザー登録で複数のドメインが取得できるようです。

また取得したドメインについての設定変更もここからできます。

STEP9. ドメインのNSレコードに三つ目のDNSを追加

MyDNS.JPはns0~ns2までの三つのDNSがありますが、ドメイン取得時には二つしか設定できませんので、三つめも設定しておきます。

freenom_009

以上、Freenomを使って自分だけのドメインを無料で取得してみました。

あとはMyDNS.JPのDOMAIN INFOで、この取得したドメインを設定すれば、すぐに使えるようになります。

前述のように、(いちおう)Let’s Encryptでの無料の電子認証も取得できたので、これで自分のサーバーでもセキュアなプロトコルが気軽に使えるようになりますね。

#しかし、Freenomのビジネスモデルはどうなっているんだろう!?  🙂

 

□Freenomを使った無料ドメインによるLet’s Encryptのテスト

Freenom
http://www.freenom.com/ja/index.html?lang=ja

無料で短期間有効な(長期間でもお金払えばOK)ドメインが取得できます。

そして、ここのドメインはLet’s Encryptが今のところ問題なく使えます。

(少なくとも.cfは試しました…まだまだ少ないのかな?)

ということは?

#サーバー構築ハンズオン in 温泉合宿でトライアル実施した「セキュアなプロトコルを使ってみよう」が気軽にできます。

四月から本格的に「セキュアなプロトコルを使ってみよう」もやりますかねぇ、受けたい人います? 🙂

やるとしても必要な時間の関係で今までのと「セキュアな~」を併せてやることは不可能なので、別々のハンズオンとして開催になると思いますが…