□子IDへのサブドメインの委譲方法

子IDにサブドメインを委譲する設定を、添付のサンプル画像で示します。

このサンプルの場合には「beta.dix.asia」という親IDのドメインがあり、
「sub001.beta.dix.asia」というサブドメインを委譲する場合の設定です。

ホスト名欄に委譲するホスト名を、TYPEとしてDELEGATEを、そして委譲したい
子IDを指定することで可能です。(赤色で書いたように設定する)

また、サブドメインを委譲するまでは必要なく、あるホスト名のIPアドレス
(この場合ですと「sub003.beta.dix.asia」)を子IDのIPにしたい場合には、
緑色のようにすればOKです。

どちらも他からWEBにアクセスするというような場合には違いは判りません。

> # nslookup sub001.beta.dix.asia
> Server:         210.197.72.20
> Address:        210.197.72.20#53
> 
> Non-authoritative answer:
> Name:   sub001.beta.dix.asia
> Address: 210.197.75.250

> # nslookup sub003.beta.dix.asia
> Server:         210.197.72.20
> Address:        210.197.72.20#53
> 
> Non-authoritative answer:
> Name:   sub003.beta.dix.asia
> Address: 210.197.73.2

どちらもDNSからはIPアドレスが返ってくるので問題はありません。

ではサブドメインを委譲したくなるのはどんな場合か?

そのサブドメイン宛のメールを、そのサブドメインのMXで指定したサーバー
に振りたい場合には、委譲する必要があります。(MXの設定を別途するため)



実際にMXレコードを確認すると…

> # nslookup -type=MX sub001.beta.dix.asia
> Server:         210.197.72.20
> Address:        210.197.72.20#53
> 
> Non-authoritative answer:
> sub001.beta.dix.asia    mail exchanger = 10 sub001.beta.dix.asia.
> 
> Authoritative answers can be found from:
> dix.asia        nameserver = ns2.dix.asia.
> dix.asia        nameserver = ns0.dix.asia.
> dix.asia        nameserver = ns1.dix.asia.
> sub001.beta.dix.asia    internet address = 210.197.75.250
> sub001.beta.dix.asia    has AAAA address 2001:278:1033:4::74:198

> # nslookup -type=MX sub003.beta.dix.asia
> Server:         210.197.72.20
> Address:        210.197.72.20#53
> 
> Non-authoritative answer:
> *** Can't find sub003.beta.dix.asia: No answer
> 
> Authoritative answers can be found from:
> beta.dix.asia
>         origin = beta.dix.asia
>         mail addr = root.mydns.jp
>         serial = 1315457553
>         refresh = 600
>         retry = 180
>         expire = 600
>         minimum = 300

上記のような違いがでてきます。:-)

よろしくお試し下さい。

					

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください